The trusted clinic

笑ってもワイヤーが見えないインビザラインの魅力

お手入れは欠かさずに

汚れは徹底的に落とす

歯型

歯の抜けたところを補い、残った歯の健康を守るためにも欠かせない入れ歯。東京で入れ歯を作製した際、長持ちさせるためにはさまざまな注意点があります。まずお手入れですが、東京の歯科医院で作製する入れ歯は合成樹脂を主な材料としているため、汚れがつきやすく細菌も繁殖しやすいです。これをそのままにしておくと口内でさまざまなトラブルを起こしてしまいます。食事をした後には必ずはずし、流水をかけながら歯ブラシで掃除しましょう。小さい部分入れ歯も必ずはずして洗うことが必要です。その際隣の歯に引っ掛けるためのバネが変形しないよう、力の入れ具合には注意しましょう。このようにこまめに掃除をしても、落としきれない汚れもあります。そうした汚れには専用の洗浄剤が効果的です。使い方は容器に水を入れ、洗浄剤を溶かしてそこに入れ歯をつけておくというのが一般的です。つけておくと汚れが浮き上がってくるので、歯ブラシできれいに洗い流します。なお、就寝中には入れ歯をしたままのほうがよい場合と、はずして寝たほうがよい場合があります。東京の歯科医院では、患者さんごとに適切な指導をしているのでよく聞いておきましょう。東京で部分入れ歯を使用している人は、残った歯を丁寧に磨くことも必要です。とくにバネがかかっている部分は傷つきやすく、虫歯になりやすいので注意しましょう。総入れ歯の場合は食材を小さく切って噛みやすくすることも大切です。また、温度を感じにくくなるのでやけどには注意しましょう。

専門のクリニックで治療

歯型

一般の歯科医院では虫歯や歯周病を治療するほか、保険の範囲内で入れ歯を作ってもらうことができます。ただし普通の入れ歯で噛む力は、自分の歯の3割程度に落ちると言われています。そのため硬いものが噛めなかったり、違和感や痛みを感じたりすることも少なくありません。入れ歯だから仕方がないと諦めている方もいますが、東京には入れ歯だけを取り扱っている専門の歯科医院があり、さまざまな悩みに対応しています。入れ歯が痛くて噛めないとか、緩くてすぐに落ちてしまうというのは、しっかりと口に合っていないことが原因です。安定剤では一時的にしか固定できず、常用すると骨が弱くなってしまう恐れもあります。東京の専門クリニックでは、精密な計測データをもとに、経験豊富な歯科技工士が時間をかけてオーダーメイドの義歯を製作しています。ひとりひとりにピッタリの入れ歯ができるため、噛むときにも話すときにも自然な感覚が取り戻せます。金具が目立ってしまうので、恥ずかしくて口を開けられないという方もいます。東京の専門クリニックでは、目立たない入れ歯を作ることもできます。普通の入れ歯にはいろいろな不具合があることから、最近ではインプラント手術の人気が高くなっています。しかし手術は失敗の可能性があり、なにより痛みや恐怖が伴います。痛くなくて噛み心地が良く、見た目にも美しい入れ歯を探しているなら、東京の入れ歯専門クリニックに相談してみることをお勧めします。

顎の形にフィット

歯型

入れ歯に関する悩みで一番多いのは、「すぐに外れてしまう」「うまく物が噛めない」ということではないでしょうか。これは顎の形にフィットしていないことが主な原因と考えられます。東京でも評価の高い入れ歯専門のクリニックでは、まずしっかりと噛み合わせのデータを採取し、ひとりひとりにピッタリの入れ歯を設計します。そして歯科技工士が精密な入れ歯を作成するため、外れにくく自然な噛み心地を得られます。顎の形にフィットしていれば、骨との間に余計な力がかからず、痛みを軽減することにも繋がります。入れ歯を入れたせいで発音しにくくなったとか、顔の形が変わってしまったという悩みも、しばしば聞かれます。これは入れ歯を支える床の部分が分厚すぎることが原因のひとつです。保険適用のプラスチックでは、どうしても分厚くなってしまい、口の中の異物感が大きくなったり、口の回りが膨らんでしまったりします。東京の一部のクリニックでは、金属製の薄く丈夫な床を使って、異物感を少なくした入れ歯を取り扱っています。特に東京の女性の場合は、健康面だけでなく美的な面が気になるという方も多いでしょう。良くできた入れ歯で噛み合わせを整えれば、顔全体の見た目を若返らせることも可能です。そのためには技術力のある歯科医師が、じっくりと調節する必要があります。満足できる一生ものの入れ歯を作るには、定評のある東京の専門クリニックに相談することをお勧めします。